オクダとし惠ニードルアート作品展(2009.8.12(水)〜8.18(火)
輝く遊び心、色と形の新鮮な出合い



オクダとし惠プロフィール

鮮やかな色彩と爽やかでシャープなデザインで国内外で評価の高いニードルアートの先駆者
オクダトシエとして「手芸の友」「ハンドクラフトシリーズ」など著書多数
山脇美術専門学校の講師も勤めるなど、そのステッチワークは繊細かつユニーク
オクダとし惠と改名したのちも精力的に作品を発表、各地で作品展を開催している
創作歴50年の彼女の作品は、見るものを幸せな気分にさせる
詩情豊かでどことなく音楽の調べが聞こえてきそうなものばかりだ


「オクダとし惠 ニードルアート作品展」にご招待いただきました。弊社にご依頼いただいたカーペットも初出品ということで光栄至極、感謝感激です。 場所は高級住宅街、世田谷にある玉川高島屋5Fアートサロン。セレブ感漂うデパートのアートスペースということで緊張しまくりです。 この女性が、オクダとし惠さん。みんな「先生、先生」と呼んでいるけど、とても親しみやすい「おしゃれなお婆さま(失礼)」という感じの人でした。


シンプルでお洒落なアクセサリー、帯留めなどニードルアートの枠を超えて新作を多数展示しています。 オクダワールドの魅力はやはりニードルアート。20cm四方のスペースに紡ぎ出される鮮やかな世界は誰にも真似できぬものとなっています。 アートでありながら実用的なエコバッグもありました。すべてオリジナルでありながら、お手頃感もあって訪問時には完売でした。残念!
カーペットも80cm前後のバスマットから200cmを超えるラグマットまで様々なサイズの作品が展示されていました。 1番人気のカーペットがこちら。鳥のような波のようなデザインは、対角線上に伸びたラインを基準に配置されているのです。 高さ230cmという大判のラグマット。無造作に配置されているように見えるクシたち。実は計算され尽くしたデザインなのです。
これ玄関マットなんですが、美しすぎて使えません。でもこんなマットが出迎えてくれたら気持ちもウキウキするでしょうね。 ご案内が遅れてしまいましたが、高島屋の展示に続き麻布の「ギャラリーMITATE」での作品展も盛況のうちに幕を閉じました。今回の撮影はフォトグラファー石川共和氏にご協力いただきました。併せてお礼申し上げます。